生活関連 育児関連

【知育】アンパンマンレジで接客能力とマネーリテラシーを高める子供

みなさんどーも。二児パパです。Twitterもやっています。忖度無しで、ズバズバ情報発信してま~す。


2007年から長きにわたって愛される「アンパンマンのレジスターシリーズ」をご存じですか?

今回は、我が家の娘が接客能力とマネリテを高めているので「アンパンマンレジ」の活用方法を紹介します。

この記事を読むと「アンパンマンレジスター」の活用方法が知れます。

我が子やお孫さんへのプレゼントにおススメです。我が家は、楽しくて・頭も良くなる商品が大好きです。

こちらの記事での結論

・「アンパンマン」ということで価格が高くなっている
・日本でアンパンマンから逃れることは困難
・最近のおもちゃはハイテクで子供の対応力もすごい

今回の記事が少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです。是非、ご覧ください。
☆☆この記事は約3分で読めます☆☆




アンパンマンのレジスターって?

株式会社セガトイズから発売されているアンパンマンのレジスターセットです。

2007年から長きにわたって愛されるアンパンマンのレジスターシリーズです。

お店屋さんごっこ遊びを通じて数字と親しみながら1歳半から遊ぶことができ、算数・計算や知能の向上につながる商品です。

我が家では、数字を理解しだした1歳の頃から遊び道具として使うようになりました。

算数・計算などの学びは1歳ごろからが最適であることが小児科医の聞き取り調査によって判明しているようです。

何が良いところ?

このレジスター結構しっかり作りこまれています。
電子音や自動入金機能等、その辺の「駄菓子屋」のレジよりも高性能かもしれません。

現代のレジに対応していて、IC決済等もあるので、子供にハイテク機器を触れさせるのはもってこいです。
こんな遊びをしているので、我が家ではスーパーに行ってもレジの使い方をきっちりマスターしてくれています。

ちなみに、こないだ3歳の娘に「10個から3個引くとあといくつ残る?」って聞いて「3つ」って答えることができました。

このような知育グッズで数字に触れさせているから答えることができたと思います。

引用:アンパンマンレジスター説明案内

高まる能力は?

我が家の子供たちが使っていて高まっている能力は「お金」という存在が身近になったという点です。
女の子だからなのか、姉妹揃っておままごとが大好きです。

その時にお野菜セット等、長女が店員さんになってレジを使うことがあるのです。
親がお金の存在や払い方を教えると子供は自然と学ぶようになります。

そして、教育テレビ等で放送されている店員さんとのやり取り等を見て真似をするようになります。


驚くべきところは、接客用語もしっかり覚えているということです。

ほんとそこら辺のコンビニの定員より丁寧な接客用語を使ってくれるのでパパのCS(顧客満足度)も高まります。


「いらっしゃいませ、ご注文は何にしますか?」
「かしこまりました」


これらの言葉が自然と出てくるのです。

レジスターを使って遊んでいるだけで、接客意識も高まっているので、将来に役立ちそうです。

引用:アンパンマンレジスターのセット内容

アンパンマンレジスターシリーズのメリット・デメリット

【メリット】
○お金の存在を楽しく学べる
○数字に強くなる(お金に強くなる)
○中途半端なレジじゃないから本格的におままごとができる

【デメリット】
×アンパンマンというところがダサい
×リアルのお金で遊ぶようになってしまう
(我が家では現金とクレジットカードが2回このレジスターに収納されて行方不明になっていました)

我が家の選択肢

我が家では、長女が1歳の時に購入しました。次女も楽しく遊んでいます。

価格は安くないですが、学びという観点では、リアルな金融教育ができるのでコスパは良かったと思います。


アンパンマンが嫌な場合は、他のキャラクターグッズでも高機能レジスターおもちゃは発売されているようです。


我が家の考え方

・「子供のおもちゃにしては高すぎる!!」って?
・うん。確かに安くはないですよ。
だけど、お父さんの飲み会を5回程我慢するか、外食を控えるかをすれば、何とか捻出できる金額だと思います。それで子供が賢くなるんだったら安くないですか?


・「『アンパンマン』ってなんかダサくない?」って?
・うん。アンパンマンはダサいという親の気持ちわかります。
だけど、日本で子育てする上でアンパンマン・プリキュア・戦隊モノは避けて通るのが困難です。

★まとめ

この記事の結論

・金融教育は義務教育課程では存在しない
・子供のころから楽しく金融教育をしておくと子供のためになる
・お金は怖くないと教えて上手な付き合いができるようにする
・子供の教育に金は惜しむべきではない

さいごに

以上、記事が参考になれば、嬉しいです。
ツイッターもやっています。是非フォローしてください。
これからも少しでも有益だと思っていただける情報を発信していきます。ありがとうございました。





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

二児パパ(にじぱぱ)

経済的自由を目指す30代管理職|やんちゃ娘2人の子育てを妻と仲良くハッピーLife♪|2020.08〜DWEフルセット教育(ほぼ妻の努力・夫は家計で努力)|iDeCo・NISA・投資信託・個別株投資で積上げ| 

-生活関連, 育児関連
-,