ビジネス 育児関連

【自由研究】カブトムシを飼う方法と家族の反応(昆虫副業)

2021-08-13

みなさんどーも。二児パパです。Twitterもやっています。
忖度無しで、ズバズバ情報発信してま~す。


最近、カブトムシって見ましたか?触りましたか??
この度、我が家にカブトムシの雄♂と雌♀がやってきました~(パチパチ)

今回は、カブトムシを飼うことになった家庭がやるべきことと妻・子供の反応についてお伝えします。

昆虫副業ビジネスのチャンスにも触れます~。

この記事を読むと、「生き物から学ぶ育児方法と銭儲け」が学べます。

こちらの記事での結論

・カブトムシは子供に根強い人気
・大人になってからは虫が苦手になる
・カブトムシは夜の方がお盛んである(たまにお昼も)

今回の記事が少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです。
是非、ご覧ください。
☆☆この記事は約7分で読めます☆☆




カブトムシを飼うことになったきっかけ

先日、田舎に住む知り合いのおじさんからカブトムシを譲ってもらいました。

「娘たちが絵本や図鑑でカブトムシを見てから、本物を見てみたい」って言っているんですよ~

と以前からおじさんに伝えていたので、おじさんが覚えてくれていたらしく「カブトムシを捕まえたからあげるよ~」と譲っていただきました。

カブトムシを持ち帰ったときの娘たちの反応

自宅に帰る前に妻に「カブトムシを譲ってもらった」と電話で伝え、虫かごとエサを用意しておくように伝えました。

そのことを聞いた子供たちは、すごく喜び・楽しそうに近所のホームセンターに行ったそうです。

ボクが帰宅後、今までに見たことがないくらいのスピードで

「パパー!!!カブトムシーー!!!」

と言い近づいてきたので、勿体ぶりながら

「じゃじゃーん」と言ってカブトムシが入ったケースを見せたところ、

その日からカブトムシにくぎ付けです。

「じゃじゃーん」って表現誰が最初にやったんでしょうね??

参考

《じゃじゃーん》は元は《じゃん》《じゃーん》であり、 上記の二つは擬音として、鐘など金属を激しく叩いた時に長く響き渡る音として表現され、その音の威勢のよさからきているとされる※諸説あり


カブトムシが家にやってきて以来、子供たちは、夜風呂から上がったときや朝目覚めた時にまずカブトムシの様子を見るようになりました。


「カブトムシさんおやすみなさい」
「カブトムシさんお腹すいているかな?」
「カブトムシさん怒ってる??」

等との会話があり、生き物と一緒に暮らすことで生き物の気持ちになって物事を考えるようになってきました。

ここからはカブトムシのお話

  • カブトムシは夏に成虫になる
  • 野生では夜に活動しており、涼しい環境を好む
    ※玄関など直射日光の当たらない場所がおススメ
  • 日本では本州・四国・九州に分布
  • 日本国外では台湾・朝鮮半島・中国・インドネシアに分布
  • 北海道には元々存在しなかった(人為的に持ち込まれ繁殖)
  • 哀川翔の家にはカブトムシがいっぱいいる
  • カブトムシは夜行性(夜にお盛ん)
  • 基本的に昼に摂食はしない(幼虫は腐植土・成虫は樹液)
  • 野生の成虫は遅くとも9月中には全て死亡(飼育下では12月~翌1月まで生きる)
    ※幼虫期間を含めて約1年、成虫になってからの寿命は1~3ヶ月
  • 成虫の大きさは、幼虫のときに決まる
  • 繁殖は簡単(容器に土を多めに入れ、霧吹きで適度に湿らすだけ)
  • クワガタムシ・カブトムシはヤフオクで出品可能(メルカリ・ラクマは不可)
  • 幼虫はイモムシ的な見た目で好き嫌いが分かれる(ボクは嫌い)
  • 『カブトムシ』はaikoの名曲(音楽を聞かせると成長が早い。嘘!!)
  • シマトネリコという木に来るときだけは昼間も活動する
  • カブトムシを触る時に足の力が強いとお尻を触る(お尻が性感帯で力が抜ける。これは本当!!
  • 哀川翔は「さんずの川」ではなく、「おがくずの中」の臨死体験をした(スッキリ!!のクイズッスのコーナーにて回答)

カブトムシ&クワガタの飼育方法・必要なモノ

必要なモノ(あると便利なモノ含む)※基本ダイソーで集めることができます

  • 飼育ケース(おススメ)ダイソー500円
  • 腐葉土(ふようど)または昆虫マット
  • 昆虫ゼリー(バナナやリンゴはコバエが発生するから×)
  • 天然クヌギの葉(昆虫マットの乾燥を防ぐ)
  • エサ皿(天然木使用)
  • ころび防止小枝(昆虫転倒防止)
  • のぼり木、くち木(自然の環境作り)
  • コバエ除けシート(抗菌、消臭、防カビ仕様)
  • 臭い取り活性炭(300g入り)
  • 栄養保水ウォーター(昆虫マット乾燥防止)
    ※ニオイ対策やコバエ、ダニ対策はやっておくべき
参考【子育て】カブトムシを飼う時に揃える必要なグッズ(子供)

続きを見る

いちいち買いに行くのがめんどくさいという方は楽天でもセット購入が可能です。こちらもおススメです。

飼育方法

■保管場所(ワゴン派・下駄箱の下派が存在する我が家は下駄箱派の下派)
⇒温度は玄関がベスト(温度変化が少ない)

■幼虫の場合
⇒ 昆虫ケースの中に、幼虫のえさとなる昆虫マットや昆虫用の腐葉土を10センチほど敷く
※必ず幼虫用もしくは成虫と幼虫両方に使えるタイプを使用
※ペットボトル等をつかって単頭飼育も良い

■霧吹きで昆虫マットを丁度いい水分量で湿らす(軽く握れる程度)

■成虫は温度や濡れ等に気を付けてエサさえ上げていればOK

ここからは汚い大人のお金の話

カブトムシって儲かるんじゃねーの?
ん?金になったりしないのかな??


色々と副業昆虫ビジネスを調べてみました。

■結論
「儲かりにくいし、ボクはやらない」

カブトムシ・クワガタの販売ビジネスについて、希少種を育てれば高値で販売も可能です。
ちなみに、ボクが幼少期の頃は、昆虫ビジネスブームがありました。「オオクワガタが生きた宝石・ダイヤ」とまで言われて、数万~数十万円で取り引きされていました。

■相場
ヤフオクでは、クワガタが1000円前後で販売されており、カブトムシの方がクワガタより養殖率が高く、安価な傾向である。
儲けるなら「クワガタ」の方が高値で売れる。

ただ、専門業者が存在しているような業界ですので、個人で勝つことはほぼ無理です。
時間と労力が無駄になるのでおススメできるサイドビジネスではありません。

調べたものの山の中に入って、虫を捕りに行く時間も気力もないです。
そもそも、子供の時は虫なんて怖くなかったのですが、大人になるとすごい苦手意識が付いてしまうのです。(これなんで??)

カブトムシとクワガタの販売価格は子供の飼育用か大人のマニア向けかによって大きく異なることもあります。

販売で稼ぐというよりも、繁殖させて、近所の子供たちに無償であげる方が喜ばれるし、子供たちの記憶にも残って有益だと思います。
(自分自身が幼い頃に虫取りに行った記憶は今でも残っています。当時、父親が連れてきていた会社の同僚の方々のことは大人になった今でも覚えています)

カブトムシを飼うメリット・デメリット

【メリット】
○世話は比較的簡単(金魚等を飼うより飼いやすい)
〇子供に生き物の大切さを教えることができる
〇子供はなぜかカブトムシが好き(人気者)
〇将来的に生物学を学びたいと思うきっかけになるかもしれない
〇家族の会話が一つ増える

【デメリット】
×妻が嫌な思いをする
×大人になり虫が触れないということに気付く
×虫が増えすぎると部屋の景観を悪くする
×夜にお盛んになると少しうるさい(数が多すぎると・・)

我が家の選択肢

カブトムシを定期的にもらえそうなので、繁殖させるところまでやってみようと思います。
道具を一式揃えて、成長させてみます。

今回をきっかけにカブトムシのことを深く調べることもできたので、自分自身にとっても学びになりました。

カブトムシのグッズを集める時も楽しかったし勉強にもなりました。

一つ一つグッズには理由があるので、子供にそれを設置する理由を説明することで住みやすい環境を学ばせることができます。

そして、大人に置き換えて物事を伝えることでお金の勉強や社会の勉強もできます。

我が家の考え方

え?「カブトムシを自宅で飼うなんて気持ち悪い」って??

うん。その通りで、潔癖症の妻からはすごい汚い存在として扱われています。
だけど、教育において、生き物に興味を抱き、研究をするってことも大切だと思うので、子供のためには気持ち悪いものも飼いますよ。

え?カブトムシだけじゃなくて、クワガタの方がいいって

うん。クワガタもおねだりしようと思っています。こういったときに人から助けてもらうことのありがたさを感じますね。

ちなみに、ここからはビジネスポイント!!

人に感謝を伝える時には具体的に伝えること!!
感謝した気持ちの部分を具体的に伝えるとより効果的!!

今回おじさんにお伝えしたのは、
「ありがとうございましたという感謝の気持ち」
「娘たちの反応」
「自分自身の学びのきっかけ」
を伝えました。


おじさんは喜んで次も昆虫を譲ると言ってくださいました。

こうやって人との繋がりもできるし、お互いに気持ちの良いコミュニケーションが取れますよね。

まとめ

この記事の結論

・ヒトには誰かの願い事や希望を叶えたいという気持ちがある
・気持ち悪くても子供のためなら頑張れる
・カブトムシにビジネスチャンスはあまり無い(ヒットしているのは、哀川翔とaikoくらい)

さいごに

以上、記事が参考になれば、嬉しいです。
ツイッターもやっています。是非フォローしてください。
これからも少しでも有益だと思っていただける情報を発信していきます。

ありがとうございました。




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

二児パパ(にじぱぱ)

経済的自由を目指す30代管理職|やんちゃ娘2人の子育てを妻と仲良くハッピーLife♪|2020.08〜DWEフルセット教育(ほぼ妻の努力・夫は家計で努力)|iDeCo・NISA・投資信託・個別株投資で積上げ| 

-ビジネス, 育児関連
-, ,