ビジネス

Clubhouse非対応のAndroidユーザーがクラブハウスを始めるためには

みなさんどーも。nijipapa(二児パパ)です。

 

最近流行りのClubhouseを始めました。

とにかく楽しいですっ!!!!新しいコミュニケーションの形ですね

今は楽しめているのですが、導入に際して苦労があったので今回は解説します。

僕は、Androidユーザーなので、ClubhouseがAndroid非対応と知った時、絶望しました。
そんな僕が今回Clubhouseを体験することができたので、その方法を紹介させていただきます。
AndroidユーザーがClubhouseを始めるためには、いくつかの手段があります
簡単にはいきませんが、利用する価値のあるアプリなので、是非参考にしてください。

今回の記事が少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです。是非、ご覧ください。




Clubhouseとは

2021年1月から音声型 SNSクラブハウス(clubhouse)が話題になっていますね。

インフルエンサー等がやり始めて、一気に流行っている感じです。

そんなクラブハウス(clubhouse)ですが、2021年2月4日現在、Android端末は非対応となっています。

パソコンでも利用はできません。

「こんな有益なアプリが使えないなんて・・・Androidのスマホやめよかな。。。」とも思っていました。

対応しているのは、ios版のみです。

よって、クラブハウスの大半の方はiPhoneユーザーです。

 

iOS専用

iOSとは、Apple社が開発した携帯機器用の基本OSです。
デバイスは、iPhone・iPad・iPod touchが存在します。
クラブハウス(clubhouse)はiOS専用なので、上記の3種類のデバイスでしか使えません。

Android非対応

2021年2月5日現在、Android 版のリリースは未定です。
クラブハウス(clubhouse)はすべて英語で作りこまれているので、導入するときには多少わかりにくさがあります。

近い将来 Android 版が出ることを期待しましょう。
ですが、流行りだした今だからこそ、さっさと登録して、アプリを堪能しましょう。僕が取り入れた方法をお伝えします。

iPad・iPod Touchを活用する

現時点でクラブハウスを利用するには、iPad・iPod Touchデバイスがあれば始められます。

(もちろんですが、ネットに繋がっている必要はあります)WiFiモデルでもできます。

僕は、iPadの第8世代WiFiモデルでクラブハウス(clubhouse)を使用しています。

 

iPhoneのスマホにわざわざ乗り換えるのは大変ですが、

アプリを利用するためであれば、少々故障しているわけあり端末やiPodでも使えるので、是非手に入れてください。

導入方法

  • iOSデバイスを手に入れる
  • ネットに繋いだiosデバイスでクラブハウス(clubhouse)アプリをダウンロードする
  • 電話番号登録をする(SMS利用が可能な端末を利用する)
    ※Androidのスマホでも問題ありません。電話番号を登録すると、登録した端末にSMSが届き、ショートコードが表示されます
  • ショートコードをiOSデバイスで開いたクラブハウス(clubhouse)アプリに入力する

以上で、クラブハウス(clubhouse)アプリの利用ができるようになりました。

名前等の基本情報を入力して、後は、クラブハウス(clubhouse)アプリに招待してもらうまで待ちましょう。

名前を入力するときは慎重に入力してください。 間違えた場合、1回までしか名前の修正はできません。 僕は安易に名前を変更してしまって、間違えたので、修正ができなくなってしまいました。

招待とは?

クラブハウス(clubhouse)アプリは、招待制となっています。

アプリをダウンロードしただけでは使えません。

既に、クラブハウス(clubhouse)アプリを利用している方から招待を受ける必要があります。

ただし、招待枠は2枠が基本となりますので、ハードルは高いです。

承認してもらう方法もあります。

自分の電話番号を知っている知人がいれば、連絡先にアプリを導入した方として表示がされます。

知人が、その表示を見て、承認をしてくれれば、クラブハウス(clubhouse)アプリに招待されることになります。

是非、アプリを導入した後は、招待を受けるようコミュニケーションを取ってください。

僕は、知人が電話連絡先を見て、承認してくれました。

まとめ

Android端末でもiosデバイスを手に入れればクラブハウス(clubhouse)アプリは利用可能です。

 

やるなら早くやるべきです。導入当初はみんなの関心があるので、拡大もしやすいです。

将来的にビジネスに活用できるようなツールですので、導入してみてください。

 

記事が参考になれば、嬉しいです。ツイッターもやっています。

是非フォローしてください。更新頻度高く頑張っていきます。

ありがとうございました。




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

二児パパ(にじぱぱ)

経済的自由を目指す30代管理職|やんちゃ娘2人の子育てを妻と仲良くハッピーLife♪|2020.08〜DWEフルセット教育(ほぼ妻の努力・夫は家計で努力)|iDeCo・NISA・投資信託・個別株投資で積上げ| 

-ビジネス
-