ビジネス 自己啓発

衛生管理者資格 2週間で取得した合格方法 やればきっとできる

みなさんどーも。nijipapa(二児パパ)です

 

衛生管理者資格ってご存じでしょうか?
私は第1種衛生管理者の免許を取得しております。ちなみに、学習期間はほぼ2週間です。
検索でこちらの記事にたどり着いた方は、
きっと、「これから衛生管理者資格を受けなければならない」「何回も受けているけど受からない」という方だと思います。
少しでもアドバイスになればとの思いで記事を書かせていただきました。是非ご覧ください。
二児パパ
やればきっとできるよ。勉強ができない、二児パパでも取得できたからだれでも取れると思うよ。全国の資格取得を目指している人を応援するよ

第1種衛生管理者の取得に向けての記事になりますが、

この記事を参考にしてもらって、資格取得へのモチベーションを高めてもらえれば幸いです。

きっと、あなたでも必ず取得できます。

ある有名な先生が言ってました。「あきらめたらそこで試合終了です」あきらめず合格をつかみ取ってください。

今回の記事が少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです。是非、ご覧ください。

衛生管理者とは

衛生管理者には第1種衛生管理者と第2種衛生管理者の2種類があります。
違いは、対応できる業種に違いがあり、第1種の方がオールマイティーに全業種に対応可能です

労働安全衛生法で定められている国家資格

衛生管理者は労働安全衛生法で常時50人以上の労働者を使用する事業場で法的に設置が義務付けられていて、

労働衛生に関する技術的事項を管理する者のことです。従業員の労働衛生面の教育を行うなど労働衛生に関する専門家です

衛生管理者の資格の威力

衛生管理者とは、法律で設置が決められています。

よって、企業としては、衛生管理者がいないといけないのです。

昨今は健康経営に取り組む企業が増えてきているため、資格を取得しているということは企業にとってプラスになります。

また、企業内で取得斡旋をする場合、上司の立場になっている方などは、自分が取得しているからこそ部下に取得促進をすることができます。

何より取得さえすれば、会社で何度も「いつ受ける?いつ受かる?勉強しているのか?」等というストレスから解放されます。

是非取得を目指して頑張ってください。多くの企業でこの資格の重要性が再認識されています

 

どんな人が受験するの

  • 事業所で衛生管理者が不足しているので、事業継続の観点から会社から受けさせられている人
  • 管理職として労働衛生を把握しておかなければならない人
  • 転職に有利だと思って受けようとする人
  • 会社での評価につなげたいと思う人
  • 安全衛生に関する知識を身に付けたい人

 

バカな自分が取得に向けて取り組んだこと

衛生管理者の試験は、国家試験の中で最も回数が多いです。

毎月実施されているため、最短1か月で資格取得が可能でしょう。

自分は2週間でした。衛生管理者の難易度は国家試験の中では「普通」です。

自分は、決して秀才ではありません。勉強は苦手です。

そんな私が2週間で資格を取得しました。当然2週間での学習をおススメするわけではありません。

私の場合はわけがあって2週間で取得しなければならないという状況に追い込まれた結果、取得できました。

追い込まれた状況とは

自分は会社から取得するよう言われて受けたタイプです。

正直言って、健康であったり、安全衛生に関しては無関心でした。

ただでさえ業務が忙しかったので、受験申込みだけして全く勉強することなく、1度目の試験を受験しました。

当然、結果は不合格。合格発表からが地獄の始まりです。

社内で結果が知れ渡った途端、「次いつ受けるの?なんで受からないの?どれだけ勉強したの?」と集中砲火。

受けるって言うんじゃなかったと後悔しました。

その後、すぐに2回目の受験申込をしました。でも自分のモチベーションは高まっておらず、2回目に向けても勉強はしていませんでした。

そんな時、試験2週間前に社内の同僚と遊びに行く約束をしました。

同僚がうっかり上司に遊びに行くことを話してしまい、

試験前に遊んでいることが上司にバレて、1度目に不合格となっている者が、

2度目の受験の前に遊んでいるとは、次は当然受かるという余裕から受けているんだろうな。と恫喝です。

その日から、2週間で死ぬ気で勉強しました。結果は「合格」でした。

バカな自分がとった勉強方法

  • 研修会社のテキストを読み直しました
  • 過去問題をひたすら解きました(最低では5回分を3周)
  • 覚えにくいポイントはとにかく暗記しました
  • 試験当日、会場では最後まで見直しをしました

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

勉強時間としては、2週間で

土日は1日10時間・平日は仕事から帰宅して1日3時間程度、トータル40時間+30時間で70時間程度勉強していたと思います。

有害物質が苦手だったので、カタカナを重点的に暗記しました。

ポイント

ちなみに受験勉強と同じくですが、ポイントは暗記や学習した後は睡眠をとることです。睡眠をとることで記憶が定着します。そして、起床後に改めて暗記の内容を振り返るということも大切です。


記憶は定着させるものです。

効率的に資格取得を目指す

完全独学では難しいと思います。予備校に通うほどではありませんが、研修会には参加する価値があると思います。

重要ポイントを押さえて教えてくれます。

私は自発的に1度参加したことがあったのですが、テキストをもらって、ポイント部分にマーカーを引いただけでした。

当日の内容は一切覚えていませんでしたが、2度目の受験の際には、マーカーを引いた参考書をフル活用しました。

是非、過去問題の購入と研修会の活用をしてもらえればと思います

そして、試験日は申し込む、自分を追い込むという状況を作ってください。

自発的に受験日を周囲に申告するのも良いでしょう。

気持ちがなく、嘘でも周囲に伝えていることで、自分の意識がどんどん変わっていきます。

是非、効率的に資格取得を目指してください。

 

なお、試験当日は、最後の最後まで問題用紙に向き合い、見直しは時間の許す限り行ってください。

試験時間は長いです。そこで読んだ内容は定着します。結果不合格でも次回以降の受験に必ず役立ちます。

私の経験上、試験会場で早々に退出する方は高確率で不合格となっています。

自動車教習所の試験会場で、見るからにバカそうな青年がさっそうと退出していくのと同じですね。

自分の貴重な時間、お金を使って受験しているので、できる限り一発で合格しましょう

応援しています。

まとめ

  • 自分を追い込む(合格すると宣言する)
  • 研修会社を利用して効率的に学習をする(お金を払ってでも合格することが精神的に負担が軽減できます)
  • 繰り返し繰り返し問題を解く(テキスト・参考書を読んでいるだけでは、絶対に非効率です。記憶を定着させていください)
  • 試験会場では全力を出し切る(途中で退席せず、最後まで問題と向き合う)実業務にも生きてきます



記事が参考になれば、嬉しいです。ツイッターもやっています。是非フォローしてください。更新頻度高く頑張っていきます。
ありがとうございました。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

二児パパ(にじぱぱ)

経済的自由を目指す30代管理職|やんちゃ娘2人の子育てを妻と仲良くハッピーLife♪|2020.08〜DWEフルセット教育(ほぼ妻の努力・夫は家計で努力)|iDeCo・NISA・投資信託・個別株投資で積上げ| 

-ビジネス, 自己啓発
-