生活関連

【得盛】ふるさと納税 やらないと損 誰でも簡単お得制度

みなさんどーも。nijipapa(二児パパ)です。

皆さんは「ふるさと納税」を利用していますか?
僕は楽天ふるさと納税を活用して、毎年約15万円程度納税しています。
とても簡単で大半の方がお得に制度を利用できるにも関わらず、実際には寄付をしていない方が多いのです。
目の前の現金をドブに捨てているのと同じなのです。

まだ、制度を利用したことがない方は、こちらの記事を参考にしながら是非行動してみてください。
やらないと大半の方が損してますよ
こんなにも誰でも簡単に利用できるお得な制度を知らない・使わないのはもったいないです。
是非、お試しあれ
ふるさと納税って雑誌とかCMでよく見聞きするけどよくわからないよ
二児パパ
二児ママ
もったいない。やらないと損だよ。とても簡単なのにみんなやらないんだ

 

知らない・やらないという方が大半です。
やるか・やらないかだけで、大損していますよ。

やらない人は、

  • 「良くわからない」
  • 「損するんじゃないの」
  • 「めんどくさい」
  • 「なんだか怪しいんじゃないの」
イヤイヤ!!国の制度ですよ!!
自分から行動しないと!
国はお得な制度を新設には教えてくれません。
国ってそんなもんです。

僕はシンプルに解説したいと思います。

こちらの記事は約5分で読めます。

今回の記事が少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです。是非、ご覧ください。

 

ふるさと納税って

ふるさと納税は、簡単に言うと自分の収入に応じて、持ち出し(手数料)2,000円で、

数万円分のお得な特産品がもらえるという制度だと思ってもらえばいいです。

現金は2,000円出ていきますが、ほぼ確実に2,000円以上の特産品(お肉やお米・野菜・果物等)が山ほど家に届きます。

僕は毎年15万円程度納税するので、2,000円の手数料で、だいたい4万円分の特産品(納税の3割)を貰っている状態です。

必ずお得になれる制度なんです。

使える期間は1年ごとです。

2021年分は、既に申し込みが始まっています。

2021年1~12月に寄付した分がその年の適用分となります。

ご自身の意思で応援したい自治体を選ぶことができる制度です。

寄付による支援をすることで税金の還付や控除を受けられ、さらに特産品などのお礼の品がもらえるうれしい仕組みです。

やらないのは損

僕は、ふるさと納税を始めて5年は経過しています。

毎年お得に妻に喜んでもらえる特産品を選んで制度をお得に利用しています。

職場では、お金にゲスいと思われたくないので、

あまり積極的に自分がふるさと納税をやっているとは言わないのですが、

おじさんたちの間ではよく、

「ふるさと納税ってお得みたいやけど、よくわからないわ~」

「怪しいよなぁ~」

って会話が繰り広げられています。

ヤバいやん!!その感覚!!損してまっせ!!

僕が「簡単ですよ、だれでもできますよ、お得ですよ」とどれだけ伝えても、皆さんあまり制度は利用していません。

なぜか行動に移さないのです。
僕はサラリーマンの恒例行事、年末調整に関する関係書類も目にするのですが、

8割方の社員はふるさと納税をやっていません。
うちの会社は情報弱者が多いんでしょうか。

行動していないだけ

やっていない人は、今すぐ試しに1万円だけでも寄付してみてください

実際に自宅に特産品が届いた時に、そのお得度に気づくはずです。
今では、寄付額の3割を基準に特産品を贈ると指針が定められているのですが、

数年前までは、8割還元などもありました。大阪の泉佐野市なんかが有名でした。

特産品プラスAmazonギフト券等で8割還元もあったような状態です。

お得すぎるのです。知らないだけで損しますよ。

 

なんでやらないの

やらない人の理由は、読者であるあなたが一番わかっていらっしゃると思います。

「よくわからないからやっていない」だけだと思います。

「教えてくれる人がいないからやらない」のです。

「ごく一部の人だけがやっているなんだか難しい制度」だと思い込んでいるんです。

  • 誰でもできます。
  • 僕でもできました。
  • 基本的にはお得しかありません。
  • 今すぐ行動してください。
  • 行動できない人はそれ以外のことも損をします。

僕は関西人なので、「損」は大嫌いです。

二児パパの過去実績

2017年からふるさと納税を利用しだしたのですが、

過去に使用した納税サイトは以下の通りです。現在では、楽天ふるさと納税が優秀だと思います。

参考

2017年・2018年さとふる(代表的な納税先)

2019年     さのちょく(泉佐野)

2020年 楽天ふるさと納税(楽天ユーザーは必須)

2021年 楽天ふるさと納税(2021年3月現在:5万円納税)

 

納税してよかったお得特産品(返礼品)

  • 野菜の定期便

 

 

 

  • くだもの

 

 

 

 

  • 魚介
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】10-68 オホーツク産ホタテ玉冷大(1kg)
価格:10000円(税込、送料無料) (2021/3/3時点)

楽天で購入

 

 

 

  • チーズケーキ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】Bmu-36 バスクチーズケーキ 〜四万十の米粉入り〜
価格:6000円(税込、送料無料) (2021/3/3時点)

楽天で購入

 

 

 

  • プリン

 

 

是非、試してみてください。
僕は、寄付してから毎月特産品が届いたときに

妻が喜んでくれるのがうれしくてたまりませんでした

利用すべきサイト

断然「楽天ふるさと納税」がお得だと感じます。

楽天ユーザーならご存じの通り、
「お買い物マラソン」「0・5のつく日」を掛け合わせて、

ポイントをザックザック貰っていくのです。

細かく寄付をして、地方自治体への納付先が多くなれば、

10店舗の買い回りもあっという間に達成できます

大手の納税サイトも利用はしやすいですが、

ポイント還元と利用のしやすさを考えると「楽天ふるさと納税」が優秀です。

楽天自体は最近改悪が目立っているので、少しお得度はさがっちゃっていますけどね。

注意点

■寄付金額の上限を把握する

ふるさと納税は、その年の年収に応じて、寄付金額が変わってきます。

多くのサイトでシミュレーションができるので活用してみてください。

実際には、寄付自体は上限がありません。

いくらでも寄付はできます。ただし、年収に応じて、お得な損益分岐点が存在します。

分岐点以上の寄付をした場合は、それ以上の分に対しては、税金の還付がありません。

■細かく寄付をする

一度にまとめて申し込みをしないことを心がける方がいいと思います。
特産品がまとめて届くと確実に冷蔵庫を圧迫します。

できれば毎月少量が届くように寄付をすれば、

お得度を感じながら、寄付を堪能できると思います。

野菜の定期便等はおススメだと思います。

申請を忘れずに利用する

最後に、特産品を申し込んだ年の12月までには、

  • ワンストップ特例制度
  • 確定申告

を行ってください。
この点は、ふるさと納税サイトで丁寧に説明されていますし、

多くのブログでも紹介されているので、ご参照ください。

私のおすすめは「確定申告」です。

私自身、今年初めて確定申告をしましたが、

とても簡単でスマホひとつで自宅でできました。

個人的には、ワンストップ特例制度の申請よりも手間はかからなかったと思います。

ワンストップ特例制度は、書類を印刷したり、

封筒に書類を封入しないといけなかったりと様々手間がかかります。

地方自治体の数も5つまでと制限があります。

また、仮にワンストップ特例制度で申請してから、

医療費控除等で確定申告をしてしまった場合は、すべて無効となってしまいます。

まとめ

  • やらないと損
  • やると得をする
  • お得なサイトでお得な特産品をゲットする
  • 一度は少額でも寄付をしてみて体験をしてみる(まず行動)
記事が参考になれば、嬉しいです。
ツイッターもやっています。是非フォローしてください。更新頻度高く頑張っていきます。
ありがとうございました。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

二児パパ(にじぱぱ)

経済的自由を目指す30代管理職|やんちゃ娘2人の子育てを妻と仲良くハッピーLife♪|2020.08〜DWEフルセット教育(ほぼ妻の努力・夫は家計で努力)|iDeCo・NISA・投資信託・個別株投資で積上げ| 

-生活関連
-