SNS twitter ビジネス

ツイッター(Twitter)スペース沼にハマってわかった有効的活用方法

2021-05-27

みなさんどーも。nijipapa(二児パパ)です。

2021年5月より、Twitterのスペース機能がユーザーに本格的に実装されました。

ボクは、ほぼ毎日スペースを使っていろんな方とお話して情報交換をしています。

そんな有益ツールであるスペースをTwitter沼にハマった二児パパが注意点なんかも含めて有効的に活用する方法を解説します。

ボクはTwitterのスペースが試験運用されている段階からたまたまスペース機能が実装されていて導入時からスペースを使っているよ

どんな記事?

こちらの記事は一般的な利用方法だけではなくて、実際にスペースを使い込んでいる二児パパがユーザー目線で解説する記事となります。

スペースは情報交換ツールとしてもこれからの可能性があります。ビジネス利用もできるツールかもしれないですよ。

こちらの記事は5分~7分で読むことができます。

ただ、注意点等もあるのでしっかり学んだ上で利用していきましょうね
今回の記事が少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです。是非、ご覧ください。




Twitterのスペースって何なの?

スペースは、Twitter上で音声を使ってリアルタイムで会話する新しい方法です。

iOSやAndroidでTwitterのアカウントを持っていれば誰でもスペースに参加して会話を楽しむことができます。

人々は今起きていることについて語り合うためTwitterを訪れています。
そしてこれからは、従来どおりツイートで誰かの意見を追うだけでなく、スペースで今起きていること、あなたにとって最も重要なことについて生身の声を聞き、話し合うことができます。
しかもそれは全てライブです。
【Twitter社HPより引用】

今まで文字でしか交流できなかった方とも簡単に音声で交流できます。

招待制の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」のTwitter版とも言えるのですが、今ではクラブハウスも廃れているので、今後はスペース機能が音声SNSの代名詞となっていくでしょう。

日本国内では2021年2月から一部ユーザー向けに試験導入され、5月に正式リリースされました。

スペースの使い方

iOS/Android版Twitterでは、あなたがフォローしている人がスペースで発言すると、タイムラインの一番上に紫色のバブルが表示されます。

リスナーとしてスペースに参加すると、絵文字で反応したり、ピン留めされたツイートをチェックしたり、キャプション(字幕)を見て会話の内容を確認できます。

そのスペースをツイートやDMで誰かに知らせたり、発言をリクエストしたりすることもできますよ。

ホストになるには様々な制約がある

まず、ホストになると好きな時にスペースを開くことができます。

スペースを作成すると、誰が発言するか、トピック、場の雰囲気をコントロールすることができます。

スピーカーとして発言を促すこともできます。

自分がスペースを開放した時点で、自分のフォロワーに通知がされます。

自分自身でスペースを開放した旨をダイレクトメールやツイートで通知することも可能です。

ポイント

スペースを開いた時点でタイムラインの上部には、紫のアイコンで開催中のスペースが表示されていますが、その状態では、たまたまそれを見た人が入ってくれるだけです。

スペース開始後、ツイート通知(タイムライン上にスペース開催ツイートが表示される)を配信することで、ご自身を通知設定してくれているフォロワーにも伝わります。

ホストの権限は誰にでも与えられているのではなく、一定数以上のフォロワーがいる等、Twitter社が独自で設けている基準をクリアする必要があります。

ある日突然、あなたのツイート欄にスペース機能が実装されますよ。

現時点(2021年5月)では、スペースを開くためにフォロワー数600人以上の制約がありますが、中には何らかの条件を満たして600人未満でもスペースを利用できる方もいらっしゃるようです。

申請フォームらしきものもあるそうですので、スペースを開きたい方は下のツイート記事を参考にしてみてください。

ちなみにこちらの情報をツイートされているプカさん(@pukaponVT)は、投資関連の情報から子育て情報まで様々な知識を豊富にお持ちで、スペース内でもホストやスピーカーで利用者から高評価を得られている方です。

スペースが初めて実装されたときは感動に近い思いもあるそうです。

ただ、ホストになっても初めは誰もスペースに入ってこないことも多々あります。

おススメとしては、事前にスペースを開く旨をツイートで告知しておくことや、スペース開放後、ツイートすることで参加者が集まってくる傾向があります。

タイトルはリスナーの興味にかかるようしっかり書くようにしましょう。

ホストにのみ与えられる機能

スペースにはホストとスピーカーが利用できる安全管理機能を備えています。

例えば、ホストはスピーカーをミュートしてマイクを取り上げたり、スペースから完全に退出させることができます。

ホストが全てのスピーカーを同時にミュートできる機能等もあります。

必ずしもホストになる必要はない(ホスト権限は必須ではない)

スペースを利用する上でホスト権限が必要かと言えばそうではありません。

ホストはスペースを開く権限があるので、自分の思い通りのタイミングやテーマで部屋を作り出すことができます。

ホストのみが持ち合わせる権限が多くあります。

ただ、これらの権限がなくともリスナーとして入ることやスピーカー(発言者)として入ることでスペースに参加することは可能ですので、あまりホスト権限にこだわる必要はありません。

また、Twitterでは、スペース内で自分以外の複数ホストを作ることやホスト権限を譲る等ということができません。(クラブハウスはホストを増やすことができました)

2021年9月現在では、【共同ホスト】という機能が実装されて、ホストが共同ホストを選任して、共同ホストはホスト権限と同様、スピーカーへの承認作業等ができるようになりました。

ただし、ホストがスペースを退出すると、共同ホストを選任していたとしてもスペースは終わることになります。

■ホスト権限を持っていることのメリット・デメリット

【メリット】

  • 自分でトークテーマを自由に設定できる
  • テーマ欄を自分でリアルタイムに記載変更できる
  • 他の発言者に話を振って答えてもらう
  • スペースに入ってきた人の注目がまずはホストに向かう(フォロワーやリプ・いいねが増える)
  • 自分のトーク力やファシリテート能力(司会力)が向上する
  • 情報をまとめる力が身に付く

【デメリット】

  • リスナーからスピーカーリクエストが来るので承認対応がいちいち必要
  • スペースを開くもリスナーが1人も来なくて寂しく恥ずかしい気持ちになる
  • 話題に対する引き出しがない場合、場が盛り上がらない
  • 自分の回線が不安定の場合にスペースごと落ちる
  • 無言の空間となったときに困る(発言がなくなり無言の時間)
  • 自分が退出するとスペースが閉じるので締めにくい

ホストが心がけることは?

  • スピーカー(発言者)に対しては感謝の気持ちを持ち、話やすい雰囲気を作る
  • リスナーに対しても関心を持って話かけたり問いかける(アイコンやプロフィール・ツイートに反応)
  • 一方的に話してしまう人がいる場合は、うまく話を遮ってファシリテートする(みんなで時間を共有している意識)
    ※事前に要注意だと思う人がいる場合は、安易にスピーカー承認しない
  • リスナーとして聞いてくれている人に感謝
  • スペースタイトルはリアルタイムに変更できるのでできれば都度変更する(その時の話題を記載すると後からでもスペースに入りやすい)
  • リスナーさんにはスピーカーへの招待を促してみる(話しかける)
    ※強制はしないこと。子育ての寝かしつけや仕事中の方もいる

リスナーで心がけることは

  • 聞くだけでも問題がないので遠慮なくスペースに入る
  • ホストやスピーカー(発言者)の話にスタンプ機能等を活用して反応してみる
  • 勇気を出してスピーカーにリクエストしてみる(緊張はするけど、初めはそれをみんな経験している)
  • 退出するときは「バイバイ」というスタンプを押すとより親切な印象を受ける

スピーカーで気を付けることは

  • スピーカーで入った際には、ホストへの気配り・心配りをする
  • 他の方が話しているときに相槌を入れてあげること(ホストや話をしている人に安心感を与えます)
  • 5分も10分も一人で話続けて時間を独占しない(他にも話したい人がいることを意識する)
    ※独りよがりに自分だけが話し込む人がいるとリスナーは聞き飽きる(リスナーの相槌やスタンプの反応等で察しましょう)
  • スピーカーは10人が限度なので人気スペースの場合は自分から他の方にスピーカーを譲る(リスナーに戻る)
  • 絵文字の活用方法についてはこちらの記事を参考にしてください。
参考【Twitter】スペースの絵文字利用方法と使い方を解説

続きを見る

スペースへの入り方は

スペースに入るためには、フォローしている人がツイートの上部に紫色のアイコンで表示されるので入ってみるだけです。

リスナーとして入るだけであれば、自由に出入りすれば良いです。

スペースに入ったら迷惑だと思って、躊躇するということも聞きますが、ホストは入ってもらうだけでも嬉しいです。

ツイートされているアイコンが紫色に光っているときにアイコンをタップすると入ることが可能です。

Twitterのスペース検索コマンドで開催されているスペースを探すことも可能です。

【検索コード】twitter.com/i/spaces/

スペースで得られる情報

スペースでは主に投資や教育関連の情報交換が盛んです。

時間帯によって開催されるスペースにも特徴があります。

【朝の部】
・通勤前の会社員通勤雑談スペース
・フリーランスの仕事前の準備トーク(スタエフ等のラジオ配信前等)

【昼の部】
・昼休みを利用した会社員のスペース
・ママたちによる教育関連スペース

【夜の部】
・投資関連情報
・知育・幼児教育関連(21時以降、子供の寝かしつけ後の時間)
・人生お悩み相談系

文字で残すわけではないのでお得な情報であったり、個人の考えなどが聴けて、自分の情報の引き出しが増えることになります。
今まで文字でしか交流していなかった方の生声が聴けて感動につながるときもあります。
ユーチューバー等では、普段YouTubeでは音声変換をかけている人も地声で参加しているということもあります。

スペースをフル活用する使い方

  • 気になる人はとにかくフォローしておくことでスペースに入ることが可能(たまに有名人がスペースを開くことも)
  • どうしてもスペースに入りたい時はスペースでワード検索をして発言者らしき人をフォローしてスペースに入る
    ※Twitter.com/i/spaces/で検索するとスペース通知がされているツイートを検索できます。
  • 1つのアカウントを複数の端末でログインして複数のスペースに入る
  • DM等で個別連絡をして、スペースを一時的に開放し普段話せない人と瞬間的に2人でトークする

スペースで注意するべきこと

【注意すべきこと】

・体調管理はしっかりすること(スペースはついつい楽しくなって睡眠時間を削ってでも夜更かしをしてしまいます)

※ホストとしても、スピーカーから気遣いで締めの誘導をしていただけると嬉しいです

・本業に支障をきたさないこと(スペースはオンタイムでしか聞けないので、就業時間中についログインしてしまって、指導対象とならないように注意すべき)

・胡散臭いアカウントのスペースに入らない(スペースに入ってきたときも警戒する)【特に注意】

Twitterに存在する詐欺アカウントに注意すべき胡散臭いアカウントの特徴

・ アイコンの完成度が高い(完成度の高いアニメや本人顔出し・女性の後ろ姿写真等)

・ アイコンがフリー素材(いらすと屋等を利用)

・フォロワー数が不自然に多い、もしくは極端に少ない(フォロー > フォロワー)

・ヘッダーの完成度が高い

・プロフィールに無料や100万単位での収入等を謳っている

・投資で簡単に儲けることが可能と書いている(FXやバイナリーOPが多い)

・IDが英数字の羅列

・アカウント開設日が浅い

・ラインや個人連絡へ誘導する傾向がある

・DMを送ってきて誘い出してくる

胡散臭いスペースにうかつに入らない

胡散臭いスペースは、胡散臭い人たちのアカウントで囲まれています。


素人(カモ)が入ると、集団心理を用いて、洗脳・誘導してくることもあるので、警戒するようにしましょう。


プロの詐欺師はお金のためならどんなことでもやります。本気で人を騙すには、壮大なスケールで詐欺行為を働いてきますので成人になってから出会った人には本当に注意しましょう

参考【Twitter】初心者必見 怪しいアカウントの見分け方と付き合い方

続きを見る

スペースを利用しているときのトラブル対応

スペースを利用している中で接続トラブルも散見されます(2021年5月27日現在)

よくあるトラブルは下記の通りです。

電波状況によってスペースが落ちる(ホストがいきなり無言になり、スペースがシャットダウン)

⇒【解決策】ホストの電波状況を改善する。ホストを交代してもらう
⇒ 【解決策】複数の端末を持っているなら端末を変えてスペースを開く

音声が小さくて聴き取れない

⇒【解決策】ハードウェアの問題があるためイヤホンを使う・やめてみる・変えてみる
※ワイヤレスイヤホンが原因等の場合、時間の経過とともに徐々に音声が大きくなることもある

ハウリングして聴き取りづらい

⇒【解決策】スマホで直接会話するとハウリングする傾向もあるためイヤホン等を利用する
⇒【解決策】 一度退出してみたり、リスナーに落ちてから再度スピーカーになってみる
⇒【解決策】一部のスピーカーが発言オンにしている時だけ周囲もハウリングする可能性があるため、原因となる人は発言が終われば、発言オフにする
※自分では気付けないことが多いので、スペース内にいる人と音声の確認をおススメします

フォロワー等がスペース自体に入れない(スペースに入る時点ではじかれる)

⇒【解決策】DMやリプ等で入れない旨をホストにアピール(可能ならばホストの方を変更して再トライ)

スペースに入っているけどアイコンがうまく表示されない(見える人と見えない人がいる)

⇒【解決策】自分が一度退出して再度スペースに入ってみる

リスナーとしてスペースに入るけど初めから聞こえなかったり途切れたりする

⇒【解決策】 発言しない前提でスピーカーに上がる(ホストにリスナーの現状を伝えると親切)

現在テスト中のスペースの取り組み【2021年9月11日追記】

現在、Twitterのスペースでは、よりユーザーにとって使いやすくするよう以下の取り組みも検討・試験運用中とのことです。

参考

■共同ホスト【実装済み】

他の人と共同開催することで、スピーカーやリスナーの管理がしやすくなり、自分がスペースを離れる必要がある場合に、共同開催者の一人に管理を引き継ぐことができます。

■アクセシビリティの向上【実装済み】

ライブキャプション(字幕)が改善され、一時停止やカスタマイズが可能になり、より正確になります。誰もがスペースにアクセスできるようにするための取り組みをさらに進めていきます。

■スペースを見つける方法を拡大【実装済み】

Twitter上でスペースを見つけて参加する方法が増えます。

タイムライン上の紫色のバブルに囲まれたプロフィール写真から、相手が今いるスペースに参加できます。これは現在テスト中です。

【Twitter社HPより引用】

まとめ

スペース機能が実装されて、Twitterの価値が更に高まったと思います。

今は始まったばかりですが、これから更に成長が見込めるツールです。

導入期に慣れ親しんでおくことで、今後の展開に即対応できると思います。

今まで文字でしか交流できなかった方とも気軽に会話することができます。

自分自身の引き出しを増やす意味でも活用してみるべきツールだと思いますので、是非ご利用ください。

さいごに

以上、記事が参考になれば、嬉しいです。
ツイッターもやっています。
是非フォローしてください。
これからも少しでも有益だと思っていただける情報を発信していきます。

ありがとうございました。







  • この記事を書いた人
  • 最新記事

二児パパ(にじぱぱ)

経済的自由を目指す30代管理職|やんちゃ娘2人の子育てを妻と仲良くハッピーLife♪|2020.08〜DWEフルセット教育(ほぼ妻の努力・夫は家計で努力)|iDeCo・NISA・投資信託・個別株投資で積上げ| 

-SNS, twitter, ビジネス
-