ディズニー英語システム(DWE)を迷って始めてみた結果、効果はいかに!?

2021-02-21

みなさんどーも。nijipapa(二児パパ)です。

我が家は、1歳と3歳の娘の英語教育に「ディズニー英語システム(DWE)」を取り入れています。
現在始めてから7ヶ月が経過しました。今回は、その効果と活用方法について紹介します。

二児パパ
子供たちがとても楽しんで勉強してくれているので、親としても見てて嬉しくなるね

ディズニー英語システム(DWE)を始めるか迷っている方もいらっしゃると思います。
今回は、利用者の率直な体験談を載せていきたいと思います。決して安い教材ではないので、取り入れるのに非常に悩まれると思いますが、
我が家は今のところ取り入れて大正解で満足しています。

今回の記事が少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです。是非、ご覧ください。




買って後悔はしていない?

我が家は買って後悔はしていません。

娘も楽しんでくれていて、英語も少しずつ身についてきているので、効果的な英語教材だと思います。

 はっきりいって価格は安くない

教材の購入費用は高いと感じます。

フルセットで購入すると約100万円します。

ただ、家族の見栄だけのために新車の高級自家用車を購入するくらいなら、

100万円を払ってでも子供に効果的な教材を使いたいと思い、購入を決断しました。

ワンセットずつ少量から購入することも可能ですが、我が家は一括でフルセット購入しました。

一括購入した結果、いちいち支払いのことを気にしなくてよいので、ストレスフリーです。

(一回払ってしまえば、前に進むことしかありませんので、気持ちに余裕が生まれます)

 親のフォローは必ず必要

営業担当者は、「DVDを流すだけでいいんです」という営業トークをしてきます。
確かに、中にはそれだけで覚える天才キッズもいるかもしれません。

ただ、それはごく一部の子供かなと思っています。毎日続けるということが大切です。

子供に英語をインプットするには、2000時間が必要であると言われています。(1日2時間で1000日、約3年かかります)

子供はただでさえ遊びや日本語の勉強・日頃の生活の中で英語時間を確保できないので、

スキマ時間を活用して、2000時間のインプットをさせてあげることが大切です。

その観点では、親の関与・努力が必ず必要です。楽して子供は育ちません。

我が家は一度も後悔していない(今のところ)

後悔していない最大の理由は、子供が飽きずに興味を持って、

自発的に活用してくれているということだと思います。

3歳と1歳ですが、英語が身近になっていて、日本語と英語の両方を覚えることができています。

教育効果は後程お伝えします。

 

参考ディズニー英語システム(DWE)をやるか迷う方へ成功者(自称)が語る

続きを見る

 

始めるまではしつこい営業にうんざりする

ディズニー英語システム(DWE)はショッピングセンターなどのイベントスペースでよく商談会が開催されています。

ディズニーグッズがたくさんディスプレイされているので、小さい子供やディズニー好きの親御さんは興味を持ってしまうと思います。

その際に、スタッフさんから話を聞くのですが、一度名簿を登録してしまうと、

電話に出ない限り営業電話が永遠と鳴り続けます。

我が家は長女が生まれた時に一度購入を検討したことがあり、イベント会場で名簿登録をしたのですが、2年近く定期的に電話がかかってきました。(一度も電話には出たことがなかったです)

基本的に営業の電話には出ないようにしていたので、営業はしつこいなと感じてしまいました。

一方で、我が家は他の英語教材を使っていても教育効果が低そうで、

子供も飽きてしまいそうだと思っていたので、

次女が生まれたタイミングで他の英語教材の検討を始め、

思い切って、ディズニー英語システム(DWE)に登録しようと思い、近所のショッピングセンターで申し込みをしました。

ちなみに申し込みの際にダメ元で値切ってみましたが無理でした。

教材はクレジット決済が可能なので、100万円以上のショッピング枠を組んでいるクレジットカードで決済を選択すると、クレジットカードのポイントも入るのでお得だと思います。

 

子供への教育効果は

子供への教育効果は、高いと感じます。

3歳の娘は、親より早く起きるのですが、一人で起きてリビングで英語の勉強をしています。

ディズニーのマジックペンというものがあり、絵本の絵柄をペンでタッチすると英語で発音してくれるという製品です。

また、500枚近い絵柄カードがあり、機械にカードを通すと、マジックペンと同じく、発音してくれるというものです。

それぞれの製品を一人で取り出し、一人で発音練習をしている姿があります。

本人は勉強しているという意識はないかもしれませんが、

新しい英語がしゃべれるようになるたびに親がベタ褒めするので、本人もモチベーション高く頑張ってくれています。

今の語学力としては、ABCなどのアルファベットはスラスラと発音することができて、

動物や果物・野菜等、様々な単語が英語で言えます。単語は比較的簡単に覚えることができると思うのですが、

単語に基づいたワンフレーズも音声入力されているのですが、ワンフレーズもスラスラと言えるようになりました。

最近覚えたワードが以下のセンテンスです。これ以外にも大体50語以上は覚えています。

耳と目で覚えている感覚だと思います。

(正直言って僕は覚えることができないので、娘の記憶力がすごいと思いました)

  • The mouse is wearing a hat.
  • The snake is long. The worm is short.
  • The elephant is big. The mouse is small.

ちなみに、何よりも英語の発音がよくできていると思います。

特に日本人には難しいと言われる「R(アール)」の発音もネイティブに近い発音でしゃべれています。(3歳までは耳が良く、スポンジのように学んでいると思います)

1歳の娘は、英語で話かけても日本語で話しかけても両方理解している状態です。身体の部位等は、英語で発音することができます。(実は、日本語ではまだパパ・ママくらいしかしゃべれません)

 

 

子供の記憶力・聞く力はすごい

マジックペンやカード教材を使うことで単語は覚えれていると思います。

また、教材のメインとしては、数十枚あるDVD教材です。

ディズニーのキャラクターが出てきて、

身体の部位や動作・お友達とのコミュニケーション言葉等、行動と言葉が一致した映像で映し出されます。

そのため、自然とその時々に正しいワードを覚えることができます。

娘のとっさの時に出る言葉が英語になってきているので、学べているなぁ~と感じます。

足をぶつけた時なんかは「アウチッ!!」嫌な時は「ノー」と言います。親は言ったことがありません

子供のモチベーションの保ち方

子供のモチベーションの保ち方としては、

とにかく「よく褒める」を実践しています。

そして、褒めるだけではなく、目標もしっかり持たせています。

こちらの教材は、一つ一つの達成度に応じて、シールがもらえたり、キャップがもらえます。

それぞれのアイテムが自宅に届くととても喜んでくれます。

ディズニー英語システム(DWE)は、安価で英語のイベント等が開催されます。

そのイベントをフル活用しているのですが、その会場では、子供より年上のお兄ちゃんやお姉ちゃんがいて、

みんなそれぞれの言葉のレベルに応じたカラーのキャップを被っています。

その様子を教えることで、「私もがんばってキャップを被る」と次のモチベーションに繋がっています。

買ってよかったことは

英語教材によって、子供たちが楽しんで学んでいることはとてもよかったことです。

それ以外にも、この教材をきっかけに妻とも良く会話をするようになりました。

英語教材に興味を持ってくれているので、おもちゃもあまり買う必要がありません。

子供が英語を学んでいるので、親も英語に今まで以上に興味を持つようになりました。

教材を有効活用するために独自で取り入れていること

車の中では常にディズニー映画を英語視聴

車の中では、英語字幕の英語音声で「アナ雪」や「シング」を流しています。

車で移動するときは常に見るようにしているので、細切れ時間で積み重ねると大きな時間となります。

お気に入りのシーンは繰り返し流すこともあるのですが、その時のフレーズは覚えるようになっています。

 

 

絵柄カードを部屋の至るところに掲出

絵柄カードを洗濯バサミで挟んで一日交換で数枚を掲出しています。絵柄が変わっていなかったり、1枚でも貼りだされていないと子供から指摘されてるくらい、興味を持ってくれています。

 

お風呂の中ではCDプレイヤーで音楽を流す

2000時間のインプットのためには、風呂の中でも英語を聞かせています。

楽天で購入した防水のCDプレイヤーを活用して、子供たちとお風呂に入っている時には、DWEの教材として同封されている音楽CDをBGMとして流しています。

自然と親も音楽を覚えるようになるので、楽しく歌を歌っていい時間を過ごしています。

ポスターを見やすいようにボード化

教材に絵柄ポスターが入っているのですが、それぞれのポスターを壁に貼るにはかなりのスペースが必要になります。

ポスター教材を壁に貼るのではなく、ボードを購入してきて貼り付けました。こちらの情報はインスタグラムやTwitterなどでも取り入れている家庭が多い手法です。

複数のポスターを容易に見ることができるので、子供にとってわかりやすく、特に1歳の娘は楽しんで英語を覚えてくれています。

 

英語の講師との通話やテレビ電話

平日は妻が音声通話機能を用いて、英語の講師と電話で英会話をしています。

週末は、テレビ電話を用いて、英語のリスニングイベントに参加し、楽しくワイワイ英語を学んでいます。

自宅にいながら、英語のアウトプットができます。リアルに英語講師と会話ができるので、子供のアウトプットとしては最適です。

講師も子供の語学力に合わせて対応してくれるので、効果的な教材です

記事が参考になれば、嬉しいです。これからもDWEの教育教材について情報発信していきたいと思います。

ツイッターもやっています。是非フォローしてください。更新頻度高く頑張っていきます。
ありがとうございました。




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

二児パパ(にじぱぱ)

経済的自由を目指す30代管理職|やんちゃ娘2人の子育てを妻と仲良くハッピーLife♪|2020.08〜DWEフルセット教育(ほぼ妻の努力・夫は家計で努力)|iDeCo・NISA・投資信託・個別株投資で積上げ| 

-DWE(ディズニー英語)
-